土地から探す場合

注文住宅を建てるにあたり、土地から探す場合について見ていきましょう。土地探しは自力では限界があるので、まずはハウスメーカーを決めてから、担当者に希望や予算を伝えて、それに合う条件の土地を探してもらうのがいいでしょう。

ハウスメーカーを決めずに土地を探すとなると、メジャーやコンパスを使って自分で土地の計測をしなければいけません。これが苦にならない人ならいいのですが、無理な場合はハウスメーカーに依頼するのが便利です。

土地を先に決めてしまうと、家の高さや周囲との日照問題などで、理想通りの家が建てられない事があります。希望通りの家にこだわる場合は、希望が叶う条件の土地を探す事から始めます。

よくある失敗例が、先に土地だけ決めてしまい、注文住宅を建てようと思ったが、いろいろな条件があり、希望をすべて叶える事ができなかったという事です。これではせっかくの注文住宅も妥協だらけになってしまいます。難しい部分もありますが、先に土地を決める場合は、自分の理想がとこまで叶えられるかを考えて決める事が大切です。

このリスクを考えると、土地はハウスメーカーを決めてから探す法が様々なリスクが回避できます。ただし予算の問題もあるので、ここは交渉や話し合いが必要です。

間取り決めのポイント

注文住宅では間取りを決めなければいけません。しかし家を建てる場所が既に決まっている場合、3階建てを希望していても、2階建て以上の家を建てられない場所の場合はそれが叶いません。これについては土地を決める時に確認しておく事が大切です。

希望通りの間取りにできるのが注文住宅のメリットですが、希望と予算が必ずしも合うとも限りません。既に家族構成が決まっている場合は、人数分の部屋を確保する事ができますが、子供が増え子供部屋が足りなくなってしまったとか、設備にこだわってみたものの結局使いこなせていないという事も多いです。

キッチンは対面式が人気ですが、対面式にこだわりすぎると逆に狭くなってしまったり、不便になったりする事もあります。家を建てる時はオープンな感じを希望していて、内階段にしたものの、子供が成長してプライバシーを気にするようになったので、玄関からすぐ階段に行けるようにすれば良かったなど後で後悔する事も多々あります。

洋室の方が過ごしやすいから和室は作らなかったが、年を取ってから和室を作っておけばよかったと後悔するなどもあります。予測が難しい事もありますが、長く住む事を考えて間取りを決めて行くのもポイントです。